ツール・ド・Nikko 2018に参加した。

多趣味ではあれどあまり長続きしないことが多い。
そんな中、長く続いている趣味の1つがロードバイク。

らまさん

長くとは言っても、4年ほど。

現在の居住地である栃木県は、ロードバイクのプロチームがあるということもあり、サイクルイベントもいくつか開催されています。

今回は、2018年9月9日に開催された「ツール・ド・Nikki 2018」に参加してきたので当日の様子について書いていこうと思います。

らまさん

主観たっぷりでお送りします!

ツール・ド・Nikko 2018とは

日光を舞台に開催されているサイクルイベントです。
毎年開催されていますが、僕としては今回が初参加となりました。

参考 トップページツール・ド・Nikko 2018

らまさん

前回参加しようとした時は、豪雨の影響で中止となりました

コースについて

ツール・ド・Nikko 2018には以下のコースが用意されていました。

  • 山岳チャレンジコース(約100km)
  • ファンライド山岳日光コース(96km)
  • ファンライド日光コース(70km)
  • 日光サイクリングコース(47km)

今回は、「ファンライド山岳日光コース」に参加しました。

開催当日、まずは会場へ

サイクルイベントでまず気になるのが当日の天気。
イベント前日の時点で日光市の天気予報は曇りのち雨という予報でした。
当日起きてみると、僕が住んでいる地域は見事に雨が降っていました・・・
現時点でリタイアというのも味気ないので、とりあえず準備を行い、日光へ向かいました。

らまさん

知り合いと合流するため、6時半には日光にいました

出走準備

霧雨の中、出走準備を整えてスタート会場へ向かいます。
有料道路を車で走っている時の雨の感じで、中止もあるなと思っていましたが、このくらいのタイミングで運営より開催決定の連絡がありました。

これは出走準備中の様子。

出発前〜出発


ツール・ド・Nikkoは当日受付だったので、スタート会場に着いたらまずは受付へ。
ロードバイクに乗る時はなるべく荷物を減らしたいところですが、参加証を持参する必要があったので、今回はバックパックを背負って参加しました。
一時的に雨に降られたので、結果的にはバックパック持参が正解でした。

受付後は知り合いと合流しつつ談笑タイム。
どのサイクルイベントもそうなんだけど、出走準備終わってからスタートするまでが待たされることが多いです。
今回はスタートするまで霧雨だったので、体が冷えてちょっと辛かったです。

らまさん

半袖半ズボンでの参加は失敗でした

出発〜エイド1


スタート直後からはしばらく下り基調。
疲れることもなく、ウォームアップにはちょうどいい感じでした。

エイド1ではキュウリと豆腐をいただきました。

らまさん

キュウリのピントが残念すぎる・・・

豆腐用の醤油が切れていたので塩で食べたんですが、さすが日光の豆腐とあっておいしかったです。

エイド1〜エイド2

エイド1を出発してからも基本的には下り基調。
ビュンビュン飛ばしつつエイド2へ。
エイド2の直前で少し上り坂があったけど、エイド2まではすぐでした。

らまさん

登り坂が得意なわけではないので、短いと言えども息は切れてます

エイド2ではほうれん草のスープと、湯葉おにぎりと、バナナと、おつまみ生姜と、アクエリアスをいただきました。

雨は多少弱くなっていましたが、気温が低めだったので、ほうれん草のスープの暖かさが身にしみた。
湯葉おにぎりは、中におこわが入っていて食べ応えがあり、おいしかったです。
バナナは、非常にバナナ。
おつまみ生姜はちょっと辛かったけど、湯葉おにぎりと食べ合わせが美味しかったです。

エイド2〜エイドSS


靴下を脱いだりするのを面倒臭がって、実際には手を浸したくらいでした。気持ちよかったけど。

足湯から見える景色は温泉街感があった。

ご飯についてはアクエリアスだけだったので割愛。

エイドSS〜五十里ダム

エイドSSから今回のコースの頂上まではほぼ上り基調。
ただし、斜度10%越えの坂があるわけではないので、そこまで大変って感じでもなかった。

らまさん

マイペースで登れるだけで、きついです・・・

五十里ダムの景色は綺麗だったけれど、風が強すぎて早々に退散しました。

五十里ダム〜エイド3

ダムからは時折上ったり、下ったり。
一定人数が先導について行く進行だったんですが、上りでちょっと辛いなと思ったりしつつも周りに合わせて走らないといけない感があってちょっときつかったです。

ツール・ド・Nikkoのコースはトンネルも多く、フロントライトとテールライトの着用が必須となっています。
今回はボントレガーのフロントライトとテールライトを持って行きましたが、日中の視認性も良く、ある程度トンネル内も明るかったので、走りやすかった。

エイド3ではお蕎麦をいただいた。
日光というだけあって美味しいお蕎麦だったけど、時間帯がお昼下がりだったということもあるので、欲をいえばもう少し量を食べたかったところ。


写真はないんだけど、きゅうりの一本漬けもいただいた。浅漬けっぽくておいしかった。

エイド3〜ゴール

今回走ってみて地味に辛かった区間。
ダムに向かう途中ほどの斜度はないんだけど、軽い登り坂をずっと登り続けるような道。

80km以上走った疲労もあり、完全に惰性で進んだ。
体力と足の筋力に持続性がない点は課題です。

ゴール直前の数kmは結構な下り坂で、気持ちよくゴール。

ゴール後には完走賞をもらって終了。

おまけでガラナをいただきました。サッカーブラジル代表のスポンサーらしい。
僕が北海道で飲んでいたガラナとは少し味が違ったけど、甘くて美味しかった。

まとめ

ツール・ド・Nikko 2018楽しかった。
その他のイベントと比べると、規模は少し小さいようにも感じられたけど、アットホームな雰囲気で、カジュアルに楽しめるイベントだった。
「イベントに参加とかちょっと・・・」みたいな方は一度参加してみるといいかもしれない。

らまさん

長い距離のコースは普通に結構上るので注意です!

これからも、参加したサイクルイベントについては感想を書いていければいいな。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です