Magic Keyboardを購入した

普段、自宅ではMacBookAirを使っているけれど、これは妻と共用なのでいつでも自由に使えるわけじゃない。
とはいえ、もう1台パソコンを買うのも躊躇する。

ということで先日、iPad(第6世代)を購入しました。
何気に初めてのiPad。
そして絵とか描かないのに無駄にApple Pencilも購入しちゃう。
iPadにはソフトキーボードがある。
ツイッターや検索には問題ないんだけど、ブログみたいな文章を書く場合はソフトキーボードでは少しツライ。

そんなこんなでiPad用にMagic Keyboardを購入しました。

Magic Keyboardは”Bluetooth内蔵でOS X10.11以降を搭載のMacが対象”とされていて接続できるのか少し心配だったけど、問題なく接続できました。

外観

シンプルなデザイン。
Appleらしいデザイン。
カッコイイ。

開けるのは横から引き出すスタイル。

付属物

付属物はLightningケーブルと取扱説明書だけでした。

キーボードの外観

Apple製品だから当たり前かもしれないけど、iPadとの親和性がいい。


裏はシンプル。白すぎてカメラのピントが合わなかったくらい。

電源は上部の横についているスイッチをで切り替える。
持ち運んで出先でも使いたいと思っているので、スイッチによるON/OFFはむしろ歓迎。

電源はLightningケーブルで行う。
これもiPhoneやiPadと電源ケーブルを共用できて便利だと思う。

打鍵感は結構軽めで、カチャカチャと軽快にタイピングができる。
これは意見が分かれるかも。

いつもと違う雰囲気のキーボードを使うと違和感があるけど、これは慣れていけば問題無いと思う。

それよりもフルキーボードに近いキーピッチでタイピングできる方がうれしい。

まとめ

この文章もiPad+Magic Keyboardで書いてみているけれど、現状は全く問題ないと言ってもいいかもしれない。
むしろショートカットが使えて普通に捗る。

唯一気になるのは、iOS独特の変換の仕様。

ラマさん

「ちきn」と変換した時に「チキン」となって欲しいのに、「チキn」ってなる・・・

iPadでもキーボードを使いたいという方にはオススメです。

というか、ミラーレス一眼なるものを使っているはずなのに、カメラが下手すぎることに気づいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です