iOS12だと1Passwordを使った自動入力がかなり使いやすくなった

普段はiPhoneやiPadを使っていて、自宅でゆっくり作業をする場合はMacBookAirを使っています。
各デバイス間でのIDやパスワードの共有は1Passwordで行なっています。

先日iOS12にアップデートしたところ、自動入力に関する設定を行うことで1Passwordを使ったパスワード自動入力がかなり使いやすくなったので、設定方法を書いていきたいと思います。

iOS11以前のパスワード自動入力

iOS11以前の場合、IDやPasswordを入力する場合

ログイン画面
→アプリを1Passwordに切り替えてアカウント情報を検索、IDをコピー
→ログイン画面に戻ってIDをペースト→1Passwordにアプリを切り替える(切り替えた時点でクリップボードにパスワードが保存されます)
→ログイン画面に戻ってパスワードをペースト

といった作業を行なっていました。
この運用でも、1Password導入前に比べるとかなり楽なんですが、アプリ間をいったりきたりしないといけない点が少し煩わしく感じていました。

らまさん

僕の使い方の場合ですので、実際にはもっと便利に使う方法があるかもしれません

iOS12以降のパスワード自動入力(1Passwordの場合)

OSの設定で1Passwordを認証しておくと、IDやパスワードを入力しようとした際にキーボード上に1Passwordで管理しているアカウント情報が表示されるようになります。

これをタップすると、認証が求められます。

認証を行うと、IDやパスワードが自動で入力されます!

アプリ間の移動が発生しないので、控えめに言って相当楽になりました。

設定方法(iPad)

まず、設定アプリを開いて、「パスワードとアカウント」を選択します。
その後、「パスワードを自動入力」というメニューを選択します。

すると、画面下にサードパーティ製のパスワードアプリが表示されるので、これをタップします。

らまさん

僕は1Passwordしか使っていませんが、その他のアプリを使用している場合もこちらに表示されると思います

認証が求められるので認証します。

1Passwordの設定画面が表示されるので、この設定を有効にします。

こちらはNot nowでもEnableでもどちらでも好きな方を選択します。
僕はEnableを選択しました。

設定が有効になっていれば、設定終了です。

設定時の不満な所

これは僕だけかもしれませんが、IDとPassword以外の情報も1Passwordで管理していて、その情報を自動入力したい場面があります。
ですが、現状の自動入力の仕様だと、IDとPasswordしか入力できず、iOS11の時と同じような運用をする必要があります。
入力時にIDやパスワード以外も選べたら最高だなって思いました。

まとめ

いかがだったでしょうか。
iOS12以降では自動入力時にアプリ間を移動する手間を減らすことができます。
IDやパスワードを入力する場面はかなり多く、一手間減るだけでもかなりの効果があると思うので、サードパーティ製のパスワード管理アプリを使用している方は設定してみるといいかもしれません。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です