【FIAT500X】納車1年経過!1年間でかかった費用をまとめてみた。

明けましておめでとうございます。
らまさんです。(@ram3now)です。

昨年からはじめたこのブログですが、今年もゆるゆると書いていきたいと思いますので、本年もよろしくお願いいたします。

さて、タイトルの通りなんですが、一昨年の11月に納車したFIAT500Xが納車後1年たちました。

「外国車」「ハイオク車」で1年間でどのくらい費用がかかるのか気になるところかと思いますので、振り返りがてらまとめてみたいと思います。

FIAT500Xに1年乗ってみた感想

結論からいうと、FIAT500Xは自分にとってはかなり満足度が高い車です。
通勤で使用していないこともあり、年間5,000kmほどしか乗っていませんが、買ってよかったと感じています。

満足しているところ

まず、FIAT500Xという車自体が街中であまりみない車種なので、他の人とは少し違う車がいいと思っている方にはお勧めできます。
また、外見も特徴的で、愛らしい雰囲気なのも個人的には気に入っています。
これは意外かもしれませんが、グレードによってはアダプティブクルーズコントロールやレーンコントロールといった機能も付いてくるので、長距離を乗る場合も楽に乗ることができます。

不満なところ

少し不満かなと思うところとしては、乗り出し時の1速、2速で少しガクつく印象があり、そこが気になります。
また、僕は距離をあまり乗らないのでましなんですが、街乗りだとリッター7〜8kmというところも気になる方はいるのではないかと思います。

1年間の維持費の総額

FIAT500Xを1年間乗ってみて、かかった費用についてまとめてみました。

ガソリン代(ハイオク)58,157円
駐車場代7,100円
ETC代28,220円
車検・整備代33,368円
合計126,845円

上記の通り、年間で13万円弱かかっていました。
今年は1年目ということもあり、車検がなかったことや、年間でそこまで距離を乗らなかったので、このくらいの費用となりました。

らまさん

車検があると、プラス10万円といったところでしょうか

まとめ

いかがだったでしょうか?
あくまでも我が家の一例なので、必ずこの費用になるというものではないのですが、「外国車」「ハイオク車」といった要素がある車の購入を検討している方の一つの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です